アカウントの新規作成 すべて入力必須項目です
お気に入りのヘネシー レシピ

上記で収集される個人データは、Jas HENNESSY & Co社に宛てられたもので、同社は、顧客管理や市場調査の目的でそれらを使用したり、同社の個人データ保護ポリシー策に記されている条件に基づいて、ヘネシー社に関するモエ ヘネシー グループの他の組織に同じ目的のために通知する場合があります。

お客様は、ご自分の個人データへアクセスおよび修正する権利があり、正当な理由で証明される場合を除き、データ処理の対象となることを拒否する権利も有しています。同様に、市場調査目的で使用されることを費用なしに拒否することができます。これらの権利は、Jas Hennessy & Co, Service Relation Consommateurs, rue de la Richonne, C.S. 20020, 16101 Cognac Cedex (France) 宛てに郵送するか、contact@hennessy.fr宛てにEメールを送信することで行使できます。

Facebookにもログインできます必須項目をご入力ください
loading
お客様のアカウント

お客様のEメールアドレスにメッセージが送信されました。
24時間以内にアカウントを有効にしてください。

Hennessy.com に行く 戻る

登録時に使用したEメールアドレスを入力してください.

すぐに新しいパスワードをお送りします.

Error

新しいパスワードが送信されました email@gmail.com

アカウントの設定で必ずパスワードを変更してください.

以下の画像に表示されている文字を入力してください
Image CAPTCHA

Robert Glasper
ホームセッション・イン・ニューヨーク

2004年に『Mood』という洒落たタイトルのファーストアルバムをリリースして以来、Robert Glasperは、リズミックな実験的演奏と新しいサウンドとをブレンドし続けてきました。メタファーとハーモニーを反射させながら、この非凡なジャズピアニストは、イベントスペース「446 Broadway」で行なわれたヘネシーによるホームセッションでも、自らが率いるトリオで見事なライブを聴かせてくれました。

Robert Glasper<br>ホームセッション・イン・ニューヨーク

ニューヨーク、ニューヨーク

その夜は、Robert Glasperが敬愛してやまないDuke EllingtonやHerbie Hancockを思い起こさせるニューヨーク最高のジャズミュージシャンの才能や熱い想いにトリビュートが捧げられた至福のひとときとなりました。ドラム、キーボード、ベース、ボーカルがボコーダーを使って優美にリミックスされ、モダンジャズで人気が高まっているモチーフによって登場したバンドがレンガ製の壁のショールームで演奏を始めようとしたとき、100名ほどのゲストたちは壮大な瞬間にも等しい音楽的センセーションの体験に思わず身構えるほどでした。この巨匠自身の言葉を借りれば、この夜のセッションは彼自身の哲学とも一致していたと言います。「ヘネシーからの依頼でライブをすることは、私たちの考え方ともぴったり合っていました。ドリンクと同様、音楽もひとつの方程式によって決まります。つまり、様々な材料とインスピレーションの源を混ぜ合わせることで、何か新しいものを実現させ、注目を集めることができるのです。」

Robert Glasper<br>ホームセッション・イン・ニューヨーク

国境なきジャズ

ロサンゼルス・タイムズ紙が様々な音楽スタイルの橋渡しができる有機的才能と称賛したRobert Glasperは、ヒップホップとジャズの両方の世界にインスパイアされた多彩なレパートリーで成功を収め続けてきました。こうしたジャンルは、ロック、ゴスペル、ソウルなどにトリビュートを捧げるものであり、その心の状態や、ヘネシーならではのブレンドの妙を思い起こさせます。明るく高まりゆくメロディーに乗った光り輝く声、見事なコーラスを聴かせるオリジナリティあふれる曲調。このアフリカ系アメリカ人のピアニストが奏でるエレクトリックアートは、メゾン ヘネシーが大切に守り育ててきた言葉や価値観をサウンドと光へと置き換えます。同様に、伝統的なものから稀少性の高いものへと、革新性を取り入れながら、同じ価値観が、最高級コニャックの基準を驚きのブレンドへと変えていきます。