アカウントの新規作成 すべて入力必須項目です
お気に入りのヘネシー レシピ

上記で収集される個人データは、Jas HENNESSY & Co社に宛てられたもので、同社は、顧客管理や市場調査の目的でそれらを使用したり、同社の個人データ保護ポリシー策に記されている条件に基づいて、ヘネシー社に関するモエ ヘネシー グループの他の組織に同じ目的のために通知する場合があります。

お客様は、ご自分の個人データへアクセスおよび修正する権利があり、正当な理由で証明される場合を除き、データ処理の対象となることを拒否する権利も有しています。同様に、市場調査目的で使用されることを費用なしに拒否することができます。これらの権利は、Jas Hennessy & Co, Service Relation Consommateurs, rue de la Richonne, C.S. 20020, 16101 Cognac Cedex (France) 宛てに郵送するか、contact@hennessy.fr宛てにEメールを送信することで行使できます。

Facebookにもログインできます必須項目をご入力ください
loading
お客様のアカウント

お客様のEメールアドレスにメッセージが送信されました。
24時間以内にアカウントを有効にしてください。

Hennessy.com に行く 戻る

登録時に使用したEメールアドレスを入力してください.

すぐに新しいパスワードをお送りします.

Error

新しいパスワードが送信されました email@gmail.com

アカウントの設定で必ずパスワードを変更してください.

以下の画像に表示されている文字を入力してください
Image CAPTCHA
ヘネシーが彩る広州の夜

ヘネシーが彩る広州の夜

広州を初めて訪れる私は、中国のナイトライフがどういうものなのか、少しも想像できずにいました。ヘネシーがこの国で浸透しつつあることは理解していましたが、私は自分の目でそれを確かめたいと思っていました。中国におけるナイトライフを肌で感じるためには、現地のトレンドに敏感な人物の助けを借りる必要がありました。その人物とはケルビン・ウッドです。彼は名の知れたバーテンダーであると同時に、これまでに様々な賞を獲得しているカクテルマスターでもあります。ここで育った彼にとって、広州の街は自分の庭のようなものなのです。初めて会った日の夜、彼はこう言いました。「ついて来なよ。広州の本当の魅力を教えてあげるから」

午後10時、建ち並ぶモダンな建造物(すぐ隣には古いビール醸造所がある)と長い歴史を持つ珠江の魅力が共存するZhujiang Party Pierから、その長い夜の第1部がスタートしました。Zhujiang Party Pierはイタリアンレストランからジャーマンパブ、そしてシーシャバーまで楽しむことができる、多様な文化が入り混じるスポットとなっています。しかし、珠江の美しさを別にすれば、私にはそれが広州の本当の魅力だとは思えず、納得いかないという様子の表情を浮かべていました。それに気づいた彼は少し笑って、タクシーを呼び止めてからこう言いました。「一番面白いところは後にとっておこうと思ったんだけど、遠回りはこの辺でやめにしようか」

午前0時、その夜の第2部の舞台となったのは新生路沿いにある比較的新しいナイトスポット”Song’s Bar”。それはメインストリートから少し離れたところにある、ローカルの人々で賑わう知る人ぞ知るスポットであり、この5年間で多くのお店ができたエリアでした。そのエリアにお店を構えるSong's Barの雰囲気に私はすぐに魅了されました。ケルビンの友人でありバーテンダーを務める友人のサクソは、私たちの気分をさらに高揚させてくれる、見事にブレンドされたヘネシーのカクテルを作ってくれました。「広州にはいろんな魅力があるんだ」サクソはこう続けます。「上海ではほとんどのバーが2時に閉まるんだけど、ここではパーティーは朝まで続くんだ。広州は中国で一番面白い街として認識されつつあるからね。僕らのクラブに足を運べば、それが本当だってわかるはずだよ」

午前2時、その夜の第3部の舞台となったのは越秀区の高級ナイトクラブ”Face”。すべてのテーブルに置かれたVSOPとXOが、ここに足を運ぶ人々のテイストを物語っているようでした。中国の人々のコニャックの楽しみ方はとてもユニークで、ショットを新鮮なフルーツと水と一緒に楽しむというスタイルは、私にはとても新鮮でした。その後ケルビンの友人たちも加わり、私たちのテーブルは一層賑やかになりました。午前4時頃、私たちは空腹を満たそうとレストランに移動することにしました。「僕らがアフターパーティーがわりに行くお店があるんだけど、そこは最高の広東料理が食べられる場所でもあるんだよ!」とケルビンは言いました。

ホテルに戻って、私はその夜のことをぼんやりと思い出していました。ヘネシーがこの国の人々に広く愛されていることに喜びを感じながら、私は徐々に眠りに落ちていきました。