アカウントの新規作成 すべて入力必須項目です
お気に入りのヘネシー レシピ

上記で収集される個人データは、Jas HENNESSY & Co社に宛てられたもので、同社は、顧客管理や市場調査の目的でそれらを使用したり、同社の個人データ保護ポリシー策に記されている条件に基づいて、ヘネシー社に関するモエ ヘネシー グループの他の組織に同じ目的のために通知する場合があります。

お客様は、ご自分の個人データへアクセスおよび修正する権利があり、正当な理由で証明される場合を除き、データ処理の対象となることを拒否する権利も有しています。同様に、市場調査目的で使用されることを費用なしに拒否することができます。これらの権利は、Jas Hennessy & Co, Service Relation Consommateurs, rue de la Richonne, C.S. 20020, 16101 Cognac Cedex (France) 宛てに郵送するか、contact@hennessy.fr宛てにEメールを送信することで行使できます。

Facebookにもログインできます必須項目をご入力ください
loading
お客様のアカウント

お客様のEメールアドレスにメッセージが送信されました。
24時間以内にアカウントを有効にしてください。

Hennessy.com に行く 戻る

登録時に使用したEメールアドレスを入力してください.

すぐに新しいパスワードをお送りします.

Error

新しいパスワードが送信されました email@gmail.com

アカウントの設定で必ずパスワードを変更してください.

以下の画像に表示されている文字を入力してください
Image CAPTCHA
ボリショイ劇場の舞台裏

ボリショイ劇場の舞台裏

ヘネシーのレポーターがロシアを代表する芸術文化の殿堂に迫ります。

長年ボリショイ劇場を是非一度は訪れてみたいと憧れていたので、訪問の許可が下りた当初はとても信じられないほど夢見心地でした。そしていよいよ私はモスクワの地に降り立ち、たっぷり1日をかけて世界有数のバレエとオペラの殿堂を散策することになったのです。「アーティストたちは、幼い頃からボリショイ劇場の一員となり、ボリショイ一筋にそのキャリアを積んで行きます」とこの日のガイド役を引き受けてくださったスポンサーシップ・マネジャーのアンナ・ズエワさんは説明してくれました。「一度劇場の中に入ってしまうと、そこから去ることはとても難しいんです。かつてボリショイのバレエダンサーだったある女性は、今はもう70歳を超えているのですが、数年前、退職するのを拒否したくらいですから。その時に彼女にオファーすることができた仕事は、受付の仕事ぐらいで…。でも驚いたことに彼女はそれを喜んで受け入れたのです!」何がこうしたアーティストたちにとってボリショイをそこまで重要なものにしているのか?そして、この劇場に対する彼らの絶大な称賛はどこから来ているのか?私は、こうした問いに対する答えを見つける最善の方法が舞台裏を覗くことだと考えたのです。

ボリショイ・バレエとボリショイ・オペラは、世界屈指の歴史と知名度を誇るバレエ/オペラ・カンパニーです。ボリショイ・バレエはまた世界最大規模のバレエ・カンパニーで、所属するダンサーの数は200名を優に超えます。グループリハーサルは毎朝11時に始まります。私は、ウラジミール・ニコノフ氏が監督するリハーサルを見せてもらいました。彼は1978年にバレエダンサーとしてのキャリアを終えて以来、ここで後進の指導に当たっています。午後、アーティストたちは、地下のトンネルでつながっている4つの建物のうちの1つで行われるさまざまなプライベートレッスンに参加します。「ここで迷子にならないようにしろと言う方が無理な注文です」と言うズエワさんはすべてのドアの鍵を持ち、ボリショイで働くすべての人たちと顔見知りです。長い歴史を物語る舞台へと続く廊下を歩いて行くと、オペラ歌手たちのメロディアスな歌声が聞こえ、まさに至福の想いに満たされたのです。



それは、この239年の歴史を誇る劇場の優れた名声が、その4つの価値観――規律、卓越性、伝統、創造性――に基づいていることを私がはっきりと悟ったときでもありました。私が最も素晴らしいと思ったのは、現代社会に適応しながらも、その伝統を守り続けるボリショイの力でした。ボリショイは、その歴史を通してただひたすらに、ぶれることなくその役割を果たしてきた何世代にもわたる人々が形作ってきた複合体です。この伝統は今に続き、世界で知らない人がいないほど有名なソリストから受付で応対に追われる誇り高き高齢の元ダンサーまで、ひたむきに仕事に打ち込む3500名を超える人々が、この劇場のなくてはならない役割を担い続けています。