アカウントの新規作成 すべて入力必須項目です
お気に入りのヘネシー レシピ
Facebookにもログインできます必須項目をご入力ください
loading
お客様のアカウント

お客様のEメールアドレスにメッセージが送信されました。
24時間以内にアカウントを有効にしてください。

Hennessy.com に行く 戻る

登録時に使用したEメールアドレスを入力してください.

すぐに新しいパスワードをお送りします.

Error

新しいパスワードが送信されました email@gmail.com

アカウントの設定で必ずパスワードを変更してください.

以下の画像に表示されている文字を入力してください
Image CAPTCHA
Hennessy

DANIEL ASHRAM:アート、アーキテクチャー...

掟破りの建築手法

ダニエル・アルシャムは、ニューヨークにあるクーパー・ユニオン大学で建築を学び、 2003年にはゲルマン・トラスト・フェローシップ・アワードを受賞しています。 アルシャムは、そうすべきではないとされるやり方で建築物を手がけ、日々の経験の中で、スペースと形に対する予想を裏切り、混乱させる機会を探っています。例えばそれは、風の中で舞うように見えるファサードであったり、壁の表面に包み込まれた人の姿だったりします。 彼の多くのアート作品では、見る人に最初の印象がチャレンジとなる衝撃的なイメージの中で動きと時間が提案され、時間の経過も腐敗や破損という概念で伝えられます。カメラや電話などの形状を変えないものが、圧縮された水晶や岩石の粉末からつくり出されることで、化石化していたり、腐食化していたりするフォルムで表現されている様子を目にすることができます。

THE HENNESSY 250 TOUR出展作品 - Untitled

アルシャムは、メゾンのアメリカとの深い絆を描く「Here to There」と題された3分間のビデオを制作しました。このショートフィルムは、5人の国際的に活躍するアーティストが『The Hennessy 250 Tour』のために特別に制作したビデオアート作品とフィーチャーしており、各作品がアルシャムにとって生まれ故郷と同様に大切な地である、アメリカとヘネシーの歴史的で固く結ばれた絆を表現しています。この中で、来るべき未来に思いを馳せ、アルシャムは氷から削り出すことにより、まるで凍ったカプセルの中から出てきたかのように見えるカメラやテレビを初めとするさまざまなオブジェとして、現代の遺産となるであろうものを振り返っています。 彼のショートフィルムは、アメリカにおけるヘネシーのアドベンチャーの中で繰り返し登場するテーマ、そしてメゾンの今を形作っているものの中核となる時、歴史、アメリカ文化の概念に対する私たちの理解を問いかける作品となっています。
44509