アカウントの新規作成 すべて入力必須項目です
お気に入りのヘネシー レシピ
Facebookにもログインできます必須項目をご入力ください
loading
お客様のアカウント

お客様のEメールアドレスにメッセージが送信されました。
24時間以内にアカウントを有効にしてください。

Hennessy.com に行く 戻る

登録時に使用したEメールアドレスを入力してください.

すぐに新しいパスワードをお送りします.

Error

新しいパスワードが送信されました email@gmail.com

アカウントの設定で必ずパスワードを変更してください.

以下の画像に表示されている文字を入力してください
Image CAPTCHA
カクテルの歴史 - 2

カクテルの歴史 - 2

カクテルは18世紀半ばに誕生しました。当時、ブレンディング技術が発明され、病気を癒す飲み物だと考えられていました。治療薬として大歓迎されたカクテルの歴史をさかのぼり、流行を生み出して芸術ある暮らしを作り出した、その由来を見てみましょう。

グロッグからジントニックへ

1740年:グロッグの起源
英国海軍大将のエドワード・バーノンが"オールド グロッグ"という愛称で呼ばれていたのは、彼がいつもグログランの服を身に着けていたからです。 1740年、彼はラム1/4リットルをお湯1リットルで割った飲み物を部下たちに配りました。部下たちはさらにまろやかな口当たりにするため、壊血病を予防するレモンのしぼり汁を加えました。こうして誕生した新しい飲み物には、大将のニックネームからグロッグという名前が付けられました。 
1760年:ジントニックの登場
マラリアに効く飲み物として発明されたジントニックは、1760年に東インド会社によってインドに持ち込まれました。最初はマラリアの治療に使われましたが、キニーネが入っていたため苦みが勝っていました。そこで、ジンをミックスしたトニックウォーターを混ぜ、そのグリーンジュニパーのノートで苦みを和らげることにしました。当初の目的からは外れて、この創意工夫に富んだドリンクは一般的な飲み物になりました。現在はジントニックとして世界中で知られています。 
Hennessy
44509